ab-142-3

花粉症 原因と対策  深部体温を下げろ

深部体温は下げて  表層体温を上げる

人の温度感覚は 逆だということに 気が付きませんか?

体温計で39度前後になると 悪寒がします

感じ方は 寒さを感じます ガタガタ 震えたりします

しかし 体温は上がっています

でも 感じ方は 悪寒がしています


スポンサーリンク



 

<

深部体温は下げて  表層体温を上げる



序説で言っているように
感じ方が 逆だということを理解してください


動物は タンパク質でできていますので
熱に弱い動物だということです


41℃以上を長時間続けると
たんぱくは 凝固を開始します


固まると ゆで卵のように もとに戻らなくなります
死の起点に 入っています


人は平均体温が 36.5℃前後  37.3℃前後になると
体調がおかしいと大騒ぎします


わずか 0.8℃上がると大騒ぎしています


その時は、少し体調に 寒気を感じるぐらいですね


体温計では体温が上がっているのに


感じ方は 逆だということを 理解してください


おなかの調子が悪くて  お腹がキューットします
トイレに行きたいが 我慢します
すると 鳥肌が立って  やはり寒気を感じます
そして トイレに行って 排便をします
すると  ホワァーと 暖かく感じます


これは 大腸にある便を
外に出したということですね!


すでに 大腸の温度は このとき 38℃から 39.5℃前後になっています
その分の便の量分が外に出たということは 熱を腸から排泄したということですね


かなりの熱量を排泄したことになります


すると 体が ほぁ~と暖かく感じて
楽に なっていることを 何回も 経験したことがあると思います


だから 花粉症の人は寒がりの人が多いです(厚着になっています)


そして 熱の放熱が悪くなっている人が多いです

春先の花粉症は 肌がカサカサになっています


夏の後半から 秋にかけての 花粉症の人は
夏の暑い時期に 大汗をかく習慣がなかった人で
深部の体温が上がっている人です


どちらも 共通項は 深部の体温が上がっていること
特に 腸管と脳温が上がっていることが 共通しています


では 対処の仕方はどうするかというと
深部の体温の下げ方は どうするかというとそれはこちらのページに書いてあるように生理的冷却が一番手っ取り早く 深部の温度を下げることができますそして 細胞と細胞間の水を浄化ヒーリングで体質改善することにより心と体を浄化します浄化ヒーリングはこちらのページ

本当の根治療法はこれです

大森発案バナー広告4


こちらは原因療法

表層の温度を上げるのは  世間一般に言われているやり方がありますので
これは 以下のページに進んでください


花粉症が楽になる33の方法より 医学博士/東京医科歯科大学名誉教授藤田紘一郎より
花粉症が楽になる33の方法からの抜粋ページがありますの
で詳しく述べていますので  こちらのページを参考にしてください


腸内環境を作る  ⇒  腸内フローラを改善  (以下を今後作成します)
体温を上げる
免疫細胞を活性化させる
粘膜を保護・修復する
ヒスタミンを抑える
ロイコトリエンを抑える
生活環境場を変えて花粉症に打ち勝つ 新習慣
 洗濯をしよう
 毎日の掃除のポイント
 掃除のアイテム
 わずかな花粉も放置しない
 新しいお風呂の習慣
 自律神経を整える生活習慣
常識・非常識
レーザー治療     (粘膜を焼いて鼻の通りをスムーズにする)
アルゴプラズマ凝固手術(鼻粘膜に弱電流を流して細胞を凝固)
鼻中隔矯正術     (曲がった鼻中隔をまっすぐにして通りをよくする)
舌下免疫療法     (花粉症を根治させうる唯一の治療法)と言われていますが・・・
アルゲン免疫療法   (皮下注射で花粉を体に慣らしてゆく)
ヒスタグロビン注射  (アレルギー反応の〝要所”に効く)







スポンサーリンク